学校法人 南山学園 南山高等・中学校女子部Nanzan Girls’ Junior & Senior High School

News & Topics

朝のこころ(2018年4月23日)

2018.04.24News

今週は、指導司祭のピーター神父様による「朝のこころ」です。

2018年4月17日 朝のこころ

「春という季節:出会いと成長の季節」

おはようございます!どうぞ挨拶して、ご着席ください。

 いきなり皆さんに質問しますが、あなたにとっての春の季節、特に4月に入って、新年度がスタートしたこの時期の春は、どんなイメージの季節でしょうか?一般的では、春は、別れの季節、出会いの季節など様々なイメージがある季節と言われていますが、4月に入って、新年度が始まったこの時期になるとやはり出会いの季節、ワクワクして新しい希望を与えてくれる季節という印象があるのではないでしょうか。新年度に入って、3週間ほど経ちました。新しい環境、新しいクラス、新しいお友達に出会い、みなさんはどれほどワクワクした気持ちで新たな希望をもってこれからの一年間の臨むのでしょうか。

 私は春のこの時期が大好きで、毎年楽しみにしています。理由は二つあります。学年が一つ上がるにつれて、皆さんの成長する姿をみることができて、とても嬉しいです。新しいクラス、新しい環境の中で、新しい人と出会い、一所懸命いろいろな人とコミュニケーションをとって新しい友達をつくる皆さんの姿を見ると大変うれしく思っています。フレンドリー週間で、昼のお弁当時間にこれまで喋ったことがないかもしれない新しい友達と楽しく、食べながら自然と喋ったりする、その姿が一人ひとりの成長を示してくれることでしょう。また、部活や生徒会の役員など、新しい役職を任されて活躍している皆さんの姿、そこでも一人ひとりの成長ぶりを見ることができるのです。「あの子は大きくなった。成長した。」という印象が特にこの時期に強く感じられます。

 この時期を楽しみにしているもう一つの理由は、新生活をスタートさせた中1の皆さんに、いつも力づけられているのです。元気な姿、夢と希望に目を輝かせる中1の皆さんの姿を見ると、その喜びが伝わってきて、大変うれしく思い、本当に力づけられています。南山ファミリーの一員として、本校で中1の皆さんがこれからもあらゆる物事に関心を持ち、チャレンジして、ますます大きく成長することを期待しています。先輩としての皆さんは、南山生としてのあるべき姿の手本を示すと共に、元気な姿、夢と希望にあふれる中1の初心にもどる機会になれば幸いです。

 新年度にあたって、これからの一年間の様々な学校行事、私達一人ひとりの上に神様の祝福があるように、心から祈っています。

FBトップ.JPG