学校法人 南山学園 南山高等・中学校女子部Nanzan Girls’ Junior & Senior High School

News & Topics

朝のこころ(2017年11月13日)

2017.11.13News

本日のピーター神父様による「朝のこころ」は、先週土曜日に行われた合唱大会についてのお話です。

合唱大会の様子は、フェイスブックページでも公開していますので、ぜひご覧ください。

*2017年11月13日 朝のこころ 「先週行われた中学合唱大会によせて」

おはようございます!どうぞ挨拶して、ご着席ください。

先週の土曜日、南山女子部の伝統ある行事の一つ、第60回中学合唱大会が行われました。高校生の皆さんは、直接関わっていませんでしたが、中学合唱大会といえば懐かしく思うでしょうし、どんなものであるかを想像することができるかと思います。

これまでもそうでしたが、今年も大変すばらしい合唱大会ができました。素人の私から見れば、各クラスの発表どちらも入賞するのに相応しいと思います。中1の皆さんは、ファーストデビューでしたが、はじめてとは思えないほど堂々とこれまでの練習の成果を発表してくれました。中2、中3の皆さんも、さすが経験のある先輩として練習の成果を発揮し、歌い方や豊かな表現力をもってそれぞれの曲のメッセージを見事に伝えてくれます。個人としても、生徒会顧問としても、皆さん一人ひとりが心を込めて発表した素晴らしい合唱大会、大変楽しいひと時を過ごさせていただいたこと、心から感謝しています。入賞クラスのみならず、すべてのクラスに「おめでとう!」とお祝いのことばを贈りたいです。

本校の長い伝統のある行事として、とくに今年は記念すべき第60回合唱大会にあたって、この行事の目的や一人ひとりの成長に対する意義を改めて心に留めていただきたいと思います。クラス全員が一つとなって団結し、合唱の楽しさを実感しながら、一人ひとりが貢献することによって美しいハーモニーができる、クラス全員が力を合わせて一つとなれば、何でもできるということを学ぶことになるでしょう。些細なことでもめたりすることもあったかもしれません。朝練習や放課後の練習で部活も行けず、大変だったかもしれませんが、一人ひとりがクラスのために貢献し、クラスが一丸となって、お互いに学び合うことができたことは確かなことだと思います。あるクラスで見ましたが、クラスの目標・意気込みでしょうか、曲名とクラス全員のメッセージが書いてあり、それを読むと大変感動しました。クラス全員が一丸となって、一団結する気持ちがよく伝わってきます。

また、合唱大会は、保護者をはじめお世話になっている多くの方々への感謝の気持ちを伝える行事でもあることを忘れてはいけません。何か大きなことではなくても、自分のできることで周囲に対する感謝の心を伝える、そのことを少しでもこの合唱大会を通して理解していただければと思います。

合唱大会を通して体験し学んだことを受けとめながら、一人ひとりの成長に生かしていくことを願っています。

合唱大会.jpg