学校法人 南山学園 南山高等・中学校女子部Nanzan Girls’ Junior & Senior High School

Q&A

学習に対する学校の指導体制としては、どんな特色がありますか。

・6カ年一貫教育によって効果的カリキュラムの編成が可能になります。また、できる限り多くの授業時間を確保するために、期末考査の時期を遅く設定しています。
・授業内容を精選して、効率よく効果的にレベルアップできるように工夫しています。
・中学では、到達度が不十分と思われる生徒には、英語・数学を中心に綿密な個別指導や補充授業などさまざまな形でフォローしています。
・最終的には自ら進んで学習に取り組む姿勢が身につくように、担任や教科担当者と生徒一人一人が相談しながら学習習慣の確立に努めていきます。
・質問や相談に来る生徒で、職員室はいつもいっぱいです。学習に積極的に取り組む雰囲気が学校に満ちています。
・教科に対応した各種行事の実施(百人一首大会・読み仮名書き取りコンクール・英語暗誦大会・作文コンクール・合唱大会)などを通して、授業の枠を拡げ、学習を豊かなものにしています。
・高校では、夏期休暇や放課後などにおいて希望者に対する補習授業を実施し、各自の希望する大学へ進学できる実力を養うよう努めています。(高1高2は英語・数学中心。高3は全受験科目。)